ネズミ駆除|スマートサービス

常滑市のネズミ駆除

愛知県常滑市のネズミ被害

常滑市は、窯業が主要な伝統産業であり、当地の焼き物「常滑焼」は日本六古窯の一つに数えられています。2005年には中部国際空港が開港し、鉄道・道路も整備されました。交通アクセスの利便性が向上し焼き物の街として観光化しています。近年では、市街地において商業施設や飲食店の増加、住宅地の開発も進み定住人口も増加しています。
ネズミは人の健康を脅かすだけでなく、私たちの暮らしに大きな被害を及ぼしてしまいます。家屋内やその周辺で見かけるのは①ドブネズミ②クマネズミ③ハツカネズミの3種類です。それぞれ大きさや特徴・生息場所が異なります。
ネズミ被害には、衛生上の被害と物理的・経済的被害があります。
衛生上の被害として、ネズミの排泄物中のサルモネラ菌などが食中毒の原因となります。
物理的・経済的被害としては、家具や食品などをかじって損害を与えます。電線やガス管をかじり、停電や火災の原因にもなる場合があります。

ネズミの駆除について

ネズミ駆除の基本は、「環境整備」でネズミが住みにくい環境を作ることが必要です。薬剤や器材を使用した駆除は、環境対策をしたうえで効果を発揮します。
① 餌となる食物をなくす:台所を整理整頓し、生ごみや水を放置しないことが大切です。食料品は蓋つきの容器に収納することも大事です。
② 侵入口を塞ぐ:排水口・通気口・配管の隙間・エアコンのパイプなど穴を塞ぐことで侵入を防ぎます。1センチ程度の穴でも通り抜けることがあります。
③ 巣を作らせない:押入れ・床下・天井裏・引き出しなどに巣を作ります。紙や布類、ビニールが巣の材料となりますので放置せず整理整頓することで被害を予防できます。
ネズミは繁殖力が高いため、1匹でも見かけたり物音が聞こえたりと不安を感じたら早急に対応することをおすすめします。